プチ整形 城本クリニック

プチ整形
美容外科/美容整形

プチ整形>治療方法>アンカレッジ
アンカレッジ
アンカレッジとは
アンカレッジは、従来のハッピーリフトの持つ固定力をさらに高め、適応部位も広くなりました。
アプトスなどに比べ、リフトアップ効果が高く、持続力も高いのが特徴です。

顔(頬・額・まゆ)や首のシワやたるみの引き上げはもちろん、マクロファージ(大食細胞)を活性化することで、お肌の真皮層に細かいコラーゲンやヒアルロン酸が生産され、長期的なリバイタライジング(肌再生)効果があります。

また、従来品と異なり体内に吸収されるため、副作用が少なく、「糸が残るのはちょっと・・・」という方にも安心してお受けいただける若返り術です。

さらに、メスを使わずに少ない麻酔量で挿入できることから、ダウンタイムが短く、傷跡も残らず、術後直ぐにリフティング効果による美しい仕上がりが確認できます。
アンカレッジの特徴
リフトアップ可能な部位は多岐にわたります。
額、目尻、口角のたるみやほうれい線、目の下から頬の中央に伸びるゴルゴ線(ミッドチークライン)、フェイスライン(特にアゴ付近)を改善します。
また、糸を入れる場所を変えたり、糸の長さも自在に調整することで、繊細なリフトアップのコントロールが可能になり、アゴや首のたるみや頬上部のたるみにも対応できます。
アンカレッジ
8〜12ケ月で体内に吸収されるため、副作用が少なくて済みます。
糸の素材は既に医療の現場で縫合用として使用されているもので、吸収されても無害です。
皮膚下に残るタイプの糸では、術後にサーマクールやタイタン等の施術が受けられなかったというデメリットも解消されました。
糸が溶けてきても糸の周囲に形成されたコラーゲンによる被膜によって、リフトアップ効果が維持されます。
アンカレッジ
さらに糸の先端についた縫合針で糸を筋膜に固定し、効果の維持と安定性を高めます。
施術後3週間程度すると、お肌の皮下脂肪層に細かいコラーゲンのトンネルが形成され始め、糸の周囲を強固に支え、若返り効果が持続するのです。
また、術後2〜3ケ月後にはリバイタライジング(肌再生)効果により、いっそう美しい仕上がりが期待されます。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診

※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
お気軽にご相談下さい
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

プチ整形トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|