プチ整形 城本クリニック

プチ整形
美容外科/美容整形

プチ整形>治療方法>コラーゲン注入
コラーゲン注入
コラーゲン注入とは
コラーゲンは人間や動物に存在するタンパク質で、皮膚や筋肉、骨などの身体の構成要素の一部です。
血管も心臓も、コラーゲンでできていますが、コラーゲンが最も多いのが皮膚です。
コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。
皮膚のコラーゲンは、質感、弾力、形状、そしてお化粧ののりなども決定する、大切な要素です。

注入用コラーゲン(ザイダーム:牛のコラーゲンに、リドカインと呼ばれる局所麻酔が混合されているため、痛みが少ない)は、アメリカで開発され、 1982年の発売以来、世界26ケ国で数十万の人々にしわや水疱瘡の跡などに注入されています。
日本では、1987年11月にザイダームが、1991年1 月にザイプラスト(架橋された牛のコラーゲンで、リドカインを含みます)が当時の厚生省から皮膚の変形やへこみの修復として許可になりました。
注入用コラーゲンとは
注入用コラーゲンは仔牛の皮膚から作られ、人体にアレルギー反応を起こすといわれるテロペプチド部分を除去したのち精製したものに、無痛化剤を加えた粘性のある乳白色の滅菌ずみゲル状物質注入剤です。
コラーゲン注入で皮膚の変形やへこみを修復
コラーゲンは、非常に細い針を使って目的の皮膚の真皮内に注入します。
注入したコラーゲンが谷間を埋めて、周囲の皮膚と同じ高さになるまでもっていきます。

真皮は人間の皮膚を支えていますから、その弱くなった支えを補充し、真皮の厚さと弾性を元に戻してやることで、しわなどが消え、表面も柔らかくなり、ツヤツヤの質感を取り戻すことができます。
コラーゲンを注入する前に
治療を始める前に、コラーゲンに対してアレルギー反応があるかどうか、前腕にごく少量の注入を行い、皮内テストを行います。
テスト後、4週間ほど観察し、アレルギー反応がなければ治療に入ります。
アレルギー反応の発生する割合は、100人中3人ぐらいだとお考え下さい。
治療効果の持続期間
注入されたコラーゲンは、少しずつ吸収されますので、効果が持続する期間は半年から1年半ぐらいです。
1年後に全く元に戻るというわけではありませんが、効果を長期間にわたって保つには、半年から1年半の間隔で再度注入する必要があります。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診

※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
お気軽にご相談下さい
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

プチ整形トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|