プチ整形 城本クリニック

プチ整形
美容外科/美容整形

プチ整形>治療方法>レーザー治療
レーザー治療
レーザー治療とは
メラニン色素を持つ細胞だけに反応し、老人性色素斑や日光花弁状色素斑、そばかす、あざ、いぼ、ほくろ、入れ墨除去などに高い効果があります。
しかし、しみやあざ、ほくろには様々な種類があるので、自分で判断するのは難しいです。
ドクターの診断を受ければ、どんな種類のしみなのかがすぐにわかります。
レーザー治療
レーザー治療には様々な種類がありますが、城本クリニックでは、ひとりひとりの症状に最も適した効果的なレーザの種類と、照射する強さや回数を判断します。

「生まれつきだから」と諦めていた方、メイクでカバーしている方にも、この方法ならスピード解決できます。
レーザー治療器について
医療用レーザーは、ルビーレーザーや炭酸ガスレーザーなどが1960年代から実用化されました。
日本では、アルゴンレーザーを含めた3種類のレーザーが、1970年初期からほくろやあざの治療用、レーザーメスとして美容外科の分野で使われるようになりました。

このルビーレーザーは、しみやあざの原因となるメラニン色素を消す効果がありますが、かつては皮膚の表面近くに沈着している色素だけで、深い部分に沈着した色素にはほとんど効果がありませんでした。
このレーザーのパルス幅を短くするなどの改良を重ね、現在では、色素を皮膚の奥深くまで消すことが可能になりました。

炭酸ガスレーザーは、当初は出血を最小限に抑えるレーザーメスとして活用されていましたが、顔や身体のイボの治療に用いた結果が良かったこともあり、現在はホクロやイボの治療用として広く普及しています。

単純性血管腫(赤アザ)の治療用に開発されたアルゴンレーザーは、現在は、より効果が大きく、副作用のほとんどない新機種の色素レーザーに変わりました。今や赤アザ治療の定番となったこの色素レーザーも、より確実な効果を求めてその進化を続けています。
レーザー治療のメリット
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診

※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
お気軽にご相談下さい
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

プチ整形トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|