プチ整形 城本クリニック

プチ整形
美容外科/美容整形

プチ整形>治療方法>メソセラピー
メソセラピー
メソセラピーとは
メソセラピーは、少量の治療薬物を特殊な注射機器(メソガン)と極細の注射針を使い、肌層と皮下層に注射する治療方法で、1952年にフランス人のミシュエル・ピストール医師によって開発されました。
ヨーロッパや南米などで幅広く使用されている治療方法ですが、最近ではアメリカにもこの治療法が紹介され、徐々に広がっています。

治療の効果としては、注射した部位の血液循環とリンパ循環を増加させることで部分肥満を実現します。
この治療法のメリットは、效果が即刻に現れること、治療の際に痛症がなく副作用も少ないことです。

部分肥満治療は既存の脂肪分解注射とは差別化される方法を使うため、効果の面で大きい差があり、ヨーロッパと南米などで数十年以上も使用されてきた安全な治療方法です。
脂肪溶解注射(痩身)
痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。

手術ではなく治療で、極細の針で注射を打つだけなので、気軽に行える方法として大変人気の高い治療法です。
痩身
脂肪溶解注射
脂肪溶解注射の成分の1つに、フォスファチジルコリンと言う成分があります。
これは脂肪細胞に含まれる脂肪(トリグリセリド)を、遊離脂肪酸として細胞から血管のなかに取り出す働きがあります。

しかし脂肪細胞から取り出された遊離脂肪酸は、そのままにしておくと、また脂肪細胞に取り込まれて元に戻ってしまい、痩身の効果は望めません。
脂肪溶解注射には、L-カルニチンとαリポ酸という遊離脂肪酸の燃焼に必要な成分が含まれています。

脂肪溶解注射に含まれるL-カルニチンが、遊離脂肪酸を体内の燃焼系に取り込んで、αリポ酸が遊離脂肪酸の燃焼を促進させる働きをもっています。

この3つの成分の内、1つでも欠如していると、十分な効果は期待できません。
城本クリニックで使用している脂肪溶解注射は、この欠かすことの出来ない3つの成分、フォスファチジルコリン、L-カルニチン、αリポ酸をすべてバランスよく配合して、さらに数種類の脂肪溶解を促進する成分を含んでおります。
脂肪溶解注射
メソリフト
美肌になりたい、ちょっとだけ若返りたい!
シワ・小ジワなどを改善、顔・首・デコルテの引き締め作用
小顔効果(ソフトリフティング効果)など。
メソリフト
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診

※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
お気軽にご相談下さい
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

プチ整形トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|