プチ整形 城本クリニック

プチ整形
美容外科/美容整形

プチ整形>お悩み>顔のたるみ
顔のたるみ
顔のたるみの悩みを解消!
額や眉間などのしわは、無意識に顔をしかめたり上目遣いにものを見る癖で起こります。
また、目尻のしわは笑った時などに眼輪筋に力が入ることでできます。これにたるみが加わると、より深いしわとなります。

また、年齢とともに皮膚のコラーゲンの量が減り、その結果、古いゴムのように弾性力が失われます。
顔の表情というのは、顔の筋肉を動かすことによって表し、特に目の周りや頬、口の周りには大切な表情筋があり、その部分の皮膚はよく引っ張られています。
伸びるのは皮膚だけではなく、皮膚の下にある皮下脂肪―筋膜とつながったものが一塊となって伸びてきます。

目の下のたるみ、頬や顎の緩みはこうして発生します。
起きあがった状態では重力のためにすべて下の方に下がりますが、重力が加わらないような横の姿勢では、これらのたるみや緩みは軽減したように見えます。
ヒアルロン酸で若返り効果を実感
ヒアルロン酸は、人間の皮膚の内部にもある「ムコ多糖類」です。
アレルギー反応の心配がありませんので、事前のアレルギーテストも不要です、化粧品などにも使用されておりますが、これまでは非常に高価なものでした。

しかし、バイオ技術の進歩によって、医療現場でも手軽に使える素材となりました。ヒアルロン酸には、小じわ用の粒子の小さなもの、大きなしわ用の粒子の大きいもの、顎や鼻のプチ整形に使うアクリルが配合されたものなどがあります。

ヒアルロン酸は、額のしわや眉間のしわ、こめかみのくぼみ、笑いじわなど、さまざまな部位の老化を改善して、若返りの効果を発揮します。
従来のコラーゲン注入に比べて、持続性にも優れ、治療後のお化粧も問題ありません。
ボトックス注射でアンチエイジングを実現
額や眉間、鼻の上部、口の下などを動かした時に深く刻み込まれた表情じわには、ボトックス注射が有効です。
ボトックスはボツリヌス菌から作られたタンパク質の一種で、筋肉の収縮をおさえる働きがあります。

このボトックスを表情筋に注入することで、しわの原因となる皮膚だけでなく、筋肉の動きから発生するしわを抑えます。
美容先進国のアメリカでは、ボトックスがこの数年で大ブームとなっており、今や、日本でもアンチエイジングケアとして確立されています。

この素材は、もともとは瞼がヒクヒクする眼瞼麻痺の治療で10数年以上も使用されてきたものですので、副作用などの心配はいりません。
また、ボトックスは皮脂の分泌を抑える特性もあるため、お肌のツルツル感も実感することができます。
アイリフトで目元の老化現象を解消
目の上瞼のたるみやしわ、下瞼のしわといった老化現象は、いくらマッサージや保湿効果の高い化粧品を使用しても治せるものではありません。
こういった悩みを一掃してくれるのがアイリフトと呼ばれる治療法です。

上瞼は外側からたるんで落ちてきます。俗に三角目と呼ばれますが、皮膚がたるんでかぶさってくるので、目が開けにくくなります。
瞼を挙げる筋肉だけでは不充分で、額の筋肉をも使って挙げようとするため、必然的に額のしわも出現し、また、目と眉毛が離れる特徴的な顔貌になります。

上瞼の状態を詳しく見てみると、皮膚が伸びることによって二重瞼、三重瞼になる場合と、皮膚が厚く垂れ下がってくる場合があります。
余分な皮膚や脂肪を取り除けば、若いときの瞼に戻ります。切開線は二重瞼の自然な線に合わせるため、傷痕はほとんど目立ちません。

上瞼のアイリフト治療は簡単な治療で、また、気になる額のしわを防ぐ効果もあります。
たるみによって視野障害や睫毛内反(逆さまつげ)が生じ、結果として視力低下をもたらすことがありますので、美容上だけでなく、健康上からも治療を受けることをお勧めします。

上瞼のしわより目立つのが下瞼のしわです。
治療方法は、下瞼全体の弛んだ皮膚を伸ばします。
また、余分な脂肪を取り除くこともできます。入院の必要はなく、局所麻酔で行なわれ、抜糸は4日〜1週間程度で行います。
フェイスリフトで気になるしわを解消
目の下や口元のたるみじわには、フェイスリフトが効果的です。表面の皮膚だけを引っ張り、その余分な部分だけを切り取る簡単な手術では効果が半減するため、皮膚や脂肪、皮下筋膜、表情筋といった組織を固定することにより、若々しくさせることができます。

手軽なしわ取り法としてはヒアルロン酸注入法があります。
ヒアルロン酸は、人間の皮膚の水分を保つために必要な成分で、肌の真皮層に存在し、生体に影響のないものです。
これを注入することで若々しさを取り戻せます。
メスを使わず、簡単で傷跡も残る心配はありません。目尻や額のしわなどには、コラーゲン注入法も効果的です。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診

※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
お気軽にご相談下さい
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方


(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|